しおメモ

雑多な技術系ブログです。

.gitignoreをGitHub公式からとってくるシェルスクリプト

curlで取ってくるだけですが、シェルから取れると便利なので割とよく使っています。

github.com

このGitHubのリポジトリ(わかりづらい)のrawから取ってきます。
こちらは、CC0ライセンスらしいです。

スクリプト

.bashrcやら.zshrcに置く。

gign() {
    cp .gitignore .gitignore_
    res=$(curl https://raw.githubusercontent.com/github/gitignore/master/$1.gitignore)
    if [[ $res =~ "404: Not Found" ]]; then
        echo $res
    else
        echo "$res" > .gitignore
    fi
}

使い方

言語の名前を引数に渡します。アッパーキャメルケースです。

# Swiftの.gitignoreを取ってくる
gign Swift